成熟してきたらお金は勝手に貯まって自分を幸せにしてくれるもの

お金は誰かに貸した事はありませんが、ラルフローレンのカーデガンを同級生に貸したことがあります。
とても大切にしているものだったので、軽いノリで貸してほしいと言われた時は恐怖を感じました。

都会は物価が高く、物を買うにも場所代にも全てにお金がかかる

大切なカーディガンを貸してから20年以上時が経ちましたが、未だに解してもらえていません。
こちらから声かけをしていないこともいけないと思います。
しかし、借りた側の人が動いて、きちんと返して欲しいです。去年の年末にお花屋さんを通りかかった時に、とてもきれいなオリーブの木が処分品としてお得な値段で売り出されていました。
お得な値段といっても1500円ほどしたので、気軽には買えず、その時は諦めて帰ってきてしまいました。
いま思えば買っておけばよかったです。

お金に関する失敗談

最近ガソリンの価格がかなり高くて、今日ガソリン入れたいなと思ってもお金が足りなくて入れないことがあります。
ガソリンを入れたとしても、満タンまでは入れず、2000円分などその時払えるお金の分だけ入れるようにしています。本を貸した。
知人に資格取得の本を貸しました。
あれから3年たちますが返却はありません。
きっとまだ勉強中か借りてることを忘れているのか。
もう私には必要ない本なので、彼女にあげたことにしようと思います。

若いときは、お金は貯めて自己投資する

相手はすぐに返してくれませんでした。
1500円以下の本でしたので、差し上げたと思うことにしました。
「あの本はわかりやすかったですか?」と声掛けした後は特に何も言わずそのままです。
母親へのお誕生日プレゼントを買うとき、3000円くらいのエプロンなどお手軽なものを買うことが多くありました。
母は、私が30代の時に他界しました。
二人でゆっくりレストランで食事したり、旅行に行ったり、もっと一緒に過ごす時間にお金を使えばよかったです。
当時は私は仕事と育児に追われていて、母とはいずれ先になってゆっくりと過ごそうと思っていましたが、自分に時間ができたとき、もう母はいません。
母が生きているときに一緒に過ごす時間にお金を使い、思い出をたくさん作っておきたかったです。

お金に関する失敗談

結婚したばかりのころ、高価な調理器具(鍋など)たくさん購入しました。
調理器具があればお料理もうまくできると思い込んでいたが、その後それほど効果ではない鍋でもおいしく料理できることが分かり、セットで購入するのではなく、少しずつ購入すればよかったと思います。ご飯を食べにいって割り勘で支払った時に大きいお金しかなく私がまとめて支払ったものの、相手も大きいお金しかなく、両替も出来なかった時です。結果としてお金を貸したことになりました。

お金があると選択肢が増えるが、お金そのものに振り回されるのは違う

すぐに返してもらえました。別の方に貸した時はなかなか返してもらえなかったので、「この前の〇〇の時のお金ってどうなったっけ?」と声掛けをして相手に思い出してもらうようにしました。父親へのプレゼントです。そんなに高額ではないですが、同じようなものを沢山持っていたため別のにしようと提案していました。その後会えなくなってしまったので、今思えば買っておけば良かったなと思っています。

お金に関する失敗談

海外旅行でブランドバッグを買った時、カード支払いをしたので支払日が近くなるとドキドキしていました。万が一落ちなかったらと思い、ランチを安いところにしてなるべくお金を使わないように過ごしていました。

コメントは受け付けていません。