基本的にお金を借りられることが嫌

クレジットカードを持っていますがそれで買い物をすることはありません。以前はよく買い物をクレジットカードでしていましたが、結局不要なものまでポイントのために購入したりしていました。なので今は持っていますがほぼ使いません。

お金というのはトラブルをも巻き起こすもの

友人から500円以下を借りたことがあります。海外に行っていて帰り間際に自分が十分なお金を持っておらず、帰る日のおひるごはん代として500円を借りたことがあります。日本へ帰国後ATMでおろしてすぐに返しました。特に強いとは思いませんが、人並みだと思います。
ですが、お金の貸し借りはあまり好きではなく、いくら仲良しの友人でも貸すことにも借りることにも抵抗があるのでどちらかというと強いのかもしれません。

お金に関する失敗談

友人から2000円ほどですがすぐに返すから貸してと言われたことがあり、仕方なく貸してあげました。ですが、案の定返ってくることはありませんでしたし、返してと何度も言うのもこちら側も疲れてしまいました。クレジットカードが使えないお店以外は基本的にすべてクレジットカードで支払っています。クイックペイや交通ICカードを使えばとても早く支払いできるので急いでるときに便利なのと、クレジットカードのポイントも貯まるのでお得です。

お金はありすぎても無さすぎても人生を狂わすので、ほどほどが良い

基本的にお金を借りられることが嫌なので、よほどのことがない限り借りません。借りざるを得なくなってしまったときは、金額をスマホのメモに金額を入力して次会うときに返し忘れないようにアラームやスケジュール帳にメモして必ず返すようにしています。独身の頃から結婚した今でもおよそ4年間毎日家計簿をつけています。昨日ランチ代で使いすぎたから今日はお弁当にして節約しようなど、毎日の支出を把握できるので、毎月少しずつ貯金できていく感覚が喜びになっています。

お金に関する失敗談

旅行先で気に入ったものは多少無理してでも買ってしまう癖があり、一時期円安だった時代にまだ大学生だったにも関わらず、旅行先のハワイでブランドもののバッグを後先考えずいくつも買ってしまいその後ひもじい思いをしたのを覚えています。クレジットカードで買い物をするのは、大体1万円を超える金額からです。
普段は現金よりも電子マネー清算が多いので、電子マネーが使えない場合に使うことが多く、ポイントがたまるので嬉しいです。

自分の身の丈にあったお金の使い方をしていないと、必ず後悔する

現金を持っていないか、足りなかった場合に借りることがありますが、今までの人生の中で片手くらいの回数です。
お金の貸し借りにはシビアなので、次の日もしくは次に会う時には必ず返します。家庭の事情で仕事を辞めたので、自由に使えるお金が足りないと「執着する」と実感しています。
節約や我慢を頭に入れて生活していると、いつもお金のことを考えている自分がいます。

お金に関する失敗談

若い時に海外留学を一年間していました。
働いて自分で稼いだお金だったのですが、わりと物価も高い観光でも人気の国だったので、今思うと使い過ぎだったかなと後悔しています。

コメントは受け付けていません。