お金は限りある資源と思って対話したい

当時3歳の子供に英会話か体操を習わせたかったのに、お金が全くなくて何もさせてあげられなかった。
とくに英語は子供がやりたいと言い出したのでそのタイミングでさせてあげたかったのにお金が間に合わなかった。

お金が無くても幸せになれるかもしれないけど私には無理

金額にもよるけど、家をたてたい。
生活も落ち着いて貯金が出来るようにはなってきたけど貯金を待っていてはこれから先何十年も家をたてられそうにないので、纏まったお金が入るなら家をたてたい!家計簿を細かく正直につけること!
主人も見れるところに置いておくので、無駄なものを買って主人に突っ込まれるのも嫌だし、家計簿につけたくないという理由で無駄な買い物を辞められる。

お金に関する失敗談

とにかく安いものを買うこと。
食べ物や日用品も衣服も、全て1番安いものを買っていた時期があったのですが、半分以上がいわゆる「安かろう悪かろう」だったし、生活水準的にも凄く低くて活力がなかった。念願の新築を建てたときにお金がなくて、家具が一切家にありませんでした。
せっかく建てたはずなのに、いつまでも見栄えが変わらない内装に貧しい気持ちでいっぱいでした。

物質的な幸せはいらない、そう思ってもお金がないと生きていけない

家具を一通り家に合わせてオーダーメイドしてみたいと思います。
既成のものではなく家にあわせることで、よりいっそう愛着がわくし、自分のために作られたということで誇らしくなると思います。先取り貯金をするようにしました。
たとえば純粋に3万円を貯めるために貯金にあらかじめまわすだけでなく、年に固定で出て行く費用をそれぞれの項目で個別で貯金するようにしました。

お金に関する失敗談

月の予算を決めて封筒にそれぞれの項目でわけるのは自分には合いませんでした。予算を決めて、その金額の合計を週単位で割るぐらいまでの方が、まめではない自分に合っていました。就職してすぐに家を出て自立したかったけど、最初に就職した銀行は安月給でとてもじゃないけど自立どころか貯蓄すらままならない状況でした。
実家で暮らしていたので生活費を4万円ほど親に渡していたが、残りのお金で自分の人間の営み等に必要なお金をやりくりするのがとにかく大変でした。
ボーナスが無ければ赤字が続いていたと思います。
退職するまでボーナスをそのまま定期預金にしたことは無く、普段の生活に全て補てんしていました。
何のための就職だったかよくわかりません。

お金には生き生きと世の中を巡って欲しい

金額にもよりますが住宅ローンがたんまりあるので繰り上げ返済したいです。
夫の働く意欲を無くしてしまうのも怖いので半分くらいまでローンを減らせたら、と思います。
私だけにお金が入るなら平日に一人で行ける日帰り旅行を計画したいです。今は夫から毎月渡される決まったお金で生活を任されています。
食費や生活必需品の節約ができれば自分の個人的な物が買えるのでスーパーのチラシは必ずチェックして安いもので食事ができるように心がけています。

お金に関する失敗談

投資は向いてないことがわかりました。
軍資金が無い事、運用に係る諸々の手数料が配当金を上回るバカらしさ。
投資をするのはお金を遊ばせる余裕のある人に限るなと思い知らされました。

コメントは受け付けていません。