実際にお金を手にしても結局好きなようには使えない

好きなアイドルのコンサートのために遠征したかったのですが、お金が足りなくてできませんでした。
そのコンサートに入った友人からコンサートの様子を聞き、行けなかったことを本当に後悔し、もっと稼ぎたいと思いました。

いざという時のために、お金はあればあるだけ欲しい

コンサートの全ての公演に入るために、ホテルや新幹線の切符などを予約します。
いつも諦めていたことを出来るという嬉しさでいっぱいになると思います。
また、コンサートだけではなく現地で観光もしたいです。食費を抑えるために、会社には手作りの弁当を持参しています。
弁当を作る余裕がない日は安い冷凍食品を駆使して、コンビニの弁当を買ったり外食したりすることがないように気を付けています。

お金に関する失敗談

お金を極力使わないように土日は遊びに出かけず家に引きこもっていたのですが、毎日がつまらなくなりストレスでやけ食いや衝動買いをしてしまい、結局お金を使ってしまったので私には合いませんでした。長期休暇中に海外旅行に2回(スペイン旅行とハワイ旅行)行こうとしたものの、1回(ハワイの方)はお金が足りなくてできなかったです。
その時は諦めてしまいました。
悔しくて絶対稼ぐぞという気持ちになりました。

お金はとにかくあればあるほど人の暮らしを充実させてくれるもの

イギリスに移住してみたい。
また、イギリスで大好きな、サッカーのイングランドプレミアリーグを観戦したり、イギリスの大学に留学などもしてみたいです。
そこで英語を勉強して話せる様になったら、世界が広がると思います。普段、よく使うクレジットカードのポイントがたくさん溜まっているので、お昼ご飯など外食をする時はなるべく、そのポイントの使えるお店を選ぶ様にしています。
そうすることで実質無料で食事代が浮きます。

お金に関する失敗談

上で述べた、クレジットカードのポイントにも限度があって、ポイントが無くなりそうになった時に、お昼ご飯を抜いて生活していたことです。
午後は集中力が途切れてしまったりいいことがありませんでした。自分の周りで脱毛がはやっていた時に、自分は余裕がなくてできませんでした。
友人6人で集まって、6人中4人は脱毛に通っていて脱毛の話で盛り上がっている時に混ざれなくて疎外感を感じました。

お金はあったらこう使いたいと夢を持たせてくれる

やっぱり全身脱毛に興味があるので通ってみたいです。
周りのはやりの時期からはずれてしまったけど、夏には堂々とタンクトップを着たり、どんな季節でも躊躇なく上着を脱げるようになったらうれしいと思います。日用品や食料品の買い物のレシートは取っておいて、簡単な家計簿のようなものをつけるようにしています。
目安があるだけで先月より使っているとか今月は頑張っているとかわかりやすいです。

お金に関する失敗談

家計簿をきっちりつけてみようと頑張った時期もありましたが、結局めんどうになってしまったり、レシートのない支払があったり、端数分が財布の中身と合わなかったりして挫折しました。

コメントは受け付けていません。