お金への執着は自分でもかなり強い方だと思う

クレジットカードの利用経験があります。
ネットで洋服を買ったり、飲むヨーグルトを買う時、スーパーに行って財布の中にお金がなかった時につかいます。
カードを出すだけで清算が終わることなど、簡単なところがとても便利です。

お金はたいせつなものだからパチンコ代にしないでほしい

この間病院に行った時のことです。
注射だけなので960円しかいつもかからないので財布に1000円しかいれていませんでした。
すると今日に限って看護師さんから今日はレントゲンとっても良いかと聞かれ財布に1000円しか入れてないことはすっかり忘れていました。
その後すぐ気が付いて母に2000円借りました。
支払は3000円で足りました。
家に帰ってすぐ返しました。主人に服を買いなさいと5000円渡しました。
それなのに服を買わないで帰ってきて「何をしてたの?」と聞いたらパチンコに行ってたそうです。
その話が年末です。
今日は1/10日それ以来口もきいてません。

お金に関する失敗談

いつもですが、主人を信じてお金を渡します。
そしていつも裏切られパチンコ代になってしまします。
もう何回もです。
もう信じてお金を渡すのはやめようかなと思う今日この頃です。
クレジットカードは持っていません。というのも、収入があまりに不安定なため、審査に通らないだろうというのがありまして……。とはいえ、今のところは必要性を感じていませんので、このままで良いかなと。

江戸の世は過ぎ去り、お金の扱いを心得たものこそが生き抜く時代と相成った

基本的に人からお金は借りないようにしていますが、細かい小銭などが無かった時、家族に「家に帰ったら返すから、ちょっとだけ借りて良い?」と言って借りることはありました。もちろん、帰宅後にすぐ返済しています。執着がなさ過ぎるとよく言われますし、自分でもそう思います。元々、「宵越しの銭は持たねェ」という江戸っ子のような気質で、あればさっくり使ってしまい、無ければ無いで何とかやり過ごすという生活を随分長く続けているような気がします。貯金は無いです。大丈夫か?

お金に関する失敗談

先にも述べたとおり、「宵越しの銭は持たねェってんだ、べらんめぇ」というような気質なので、悲しいくらいモテません。フラれ文句は大体、「あなたのように堅実さが無い人とはやっていけない」です。その通りだと思います。クレジットカードは持っていますが滅多に使いません。
便利ではありますが借金と何ら変わらないのであまり好きではないからです。
子供のころから、欲しいものはお金をためて買う派でした。

お金が無くては何も出来ない。お金が無ければ生きていけない。

基本的にお金は借りませんし、貸しません。
返せるあてもないのにお金を借りたら信用を失ってしまう気がします。
誰かからお金を借りた記憶もほとんどありません。
子供の頃に親から床屋代を借りたくらいでしょうか。お金への執着は自分でもかなり強い方だと思います。
やはり世の中お金が無くては何も出来ませんからね。
普段から無駄遣いしないように、そしてあまたお金は貯金に回すようにしています。

お金に関する失敗談

旅行資金をコツコツ溜めていたのに、病気になって検査や入院費などでパーになったのが悔しかったです。
突発的なアクシデントが起こった時に手元にお金が無いと厳しいですね。

コメントは受け付けていません。