お金のやり取りをしなくて済むところが便利なクレカ

私はクレジットカードを利用して買い物をしています。
なにより、お金のやり取りをしなくて済むところが便利でなおかつポイントも付与されるのでクレジットカードを利用できるところではなるべく利用しています。

お金は生活を豊かにして、心に安寧をもたらし、必要不可欠なもの

自販機でジュースを買うときに小銭がなく、一万円札しか持っていなかったときに同僚からお金を借りたことがあります。
忘れないようにスマホでメモを取り、翌日には無事に返却しました。周りと比べてお金への執着が強いほうだと思います。
仕事をするにしてもまずは賃金を確認してから行いますし、よく入金と出金、金利等々の計算をして生活が豊かになるように工夫しています。

お金に関する失敗談

学生の頃にバイクを50万で購入し、コツコツとローンの返済をして、予定通りに完済することができました。
しかし、しばらく乗る機会もなかったので見積もりに出したら10万の提示が。
両手を上げて売却しましたが、今思えばそんな端金で売るより今も大事にしておけばよかったなと感じています。基本的には5000円以上の商品やサービスを購入する時に使います。
何より便利なのは、手持ちのお金がなくても買いものができることです。
思いがけず気に入った服を見つけたのに、お金が足りないということがなくなりました。

本当に使うべきタイミングで、納得行くお金の使い方を

急に入った飲み会、特に二次会以降に続いた時に飲み代を同僚に借りました。
それなりの額だったので、翌日か、遅くとも三日以内には返しました。
少額でもなるべくお金はからないようにしていますが。あまりそう思いません。
割り勘になる場では、細かいところは気にせず出しやすい額を払いますし、付き合いが浅くても後輩との食事代は必ず出します。
一方で、自分の買い物などは本当に必要かを考えてから買う傾向にあります。

お金に関する失敗談

友達と韓国へ旅行へ行った時、洋服やコスメなどをついつい買いすぎてしまいました。現金が足りなくなっても、カードが使えるため、気がついたら10万円程使っており、帰国後に後悔しました。ネットで買い物するときは常にクレジットカードを使用しますが、店舗でも使用できる所ではなるべくクレジットカードで決済するようにしています。
おつりで財布が重たくなることもないですし、カードのポイントも貯まっていくからです。

全てではないけど、お金は無くては生きていけないもの

職場の同僚数人と食事に行って、支払いの時にみんなで割り勘にして細かいお金がなかったので、一人の同僚に借りてお支払いをしました。
同じ職場なので次の日に会った時に返しました。お金のこだわりは割と強い方だと思いますが、状況にもよります。
割り勘の時は損なく払いたいですし、お金を貸す時は1週間以内には返してほしいと思います。
しかしながら自分のお金の事に関しては糸目をつけないこともあったりします。

お金に関する失敗談

ネットでの買い物の時に、あれも買おう、これも必要だと、必要経費だと思って買っていたら高額になってしまい、カード決済の請求書が来た時に青ざめたことがあります。
それ以来気をつけてカードを使う事にしています。

コメントは受け付けていません。