お金は少ないより多い方が幸せ

今現在の話ですが、模型作りに必要な溶剤が欲しいのですが、金銭的に厳しくて購入するのをためらっています。子供の食費や生活費を優先してしまうため、どうしても自分の趣味が後回しになってしまうのがつらいです。

お金を貯めようと思ったら信頼できる家族を頼ってみる方がいい

自由に使えるまとまったお金が手に入ったら、まずはローンを完済します。毎月のローンの返済が大変なので、それがなくなれば生活も楽になるし、欲しいものも少しは変えるようになって気分がスッキリすると思います。僕はお金を持っていると、食費などですぐに使ってしまうので、貯金用の口座を3つ作り、それを妻に預けて管理してもらっています。自分では金銭管理が甘くなってしまうので、妻が管理してくれることで、毎月少しずつでもお金が貯まります。

お金に関する失敗談

食品のまとめ買いをして、これで食費が浮くと思ったのですが、実際はある分だけ食べてしまい、節約になりませんでした。安いからといってまとめ買いをしても、僕の性格ではある分だけ使ったり食べたりしてしまうのでダメなんだなと思いました。セールがあり、可愛い服がたくさんあったのに、お金が足りなくて全ては買えなかったことです。気に入った服はなかなか巡り会えないので、なぜお金を多めに入れてこなかったのか、下ろせれる通帳を持ってこなかったのか落ち込みました。

お金は少なくても良いと思っていましたが違いました

結婚して、子供が産まれて、毎日節約をしなければならず、お金は少ないより多い方が幸せだと思うようになりました。可愛い服を値段を気にせずにたくさん買いたいです。今は子どもにお金がかかり、食費もかさむので自分の服を買いに行く余裕がありません。いつもセールのものや安いものを買っているのですが、たまには自分の好みだけで買いたいです。家計簿をつけています。今月に使えるお金を最初に書き、そこから使った分のお金を引いているので、今月使えるお金の残金がわかるようになっています。ノートも市販で売られているのもではなく、自分で使いやすいように書いているので、とても書きやすいです。

お金に関する失敗談

食材を一週間分買って、それを使い切る節約法というものです。これは最初に買ってしまえば、食材を余らしてしまったり、買い物ついでに余分なものを買わなくて済むというものですが、そもそも一週間分の献立を考えるのが苦痛でしたし、買い物も買い忘れが多くて一回の買い物だけでは終わりませんでした。結局、週に2、3回買い物に行く今のスタイルが自分にはあっていました。新悪品の洋服が欲しかったけど、お金が足りずに購入できず残念でした。もっとバイトしてお金を貯めてかた購入したいと思い、しばらく欲しい気持ちは我慢することにしました。

お金は衝動買いを注意して、お財布の中身を少なくすること。

実家へ長期間、帰省したいです。やはり親が高齢になり入退院を繰り返しているので、時間も限られているし会ってゆっくり過ごして話したいなと今は考えるようになりました。お財布には、必要最小限度しか入れないようにしています。どうしてもお財布にお金が入っていると使ってしまうので、衝動買いを増やさぬように調整するようにしてお財布の中身は最小限です。

お金に関する失敗談

消費や光熱費の節約です。こでは、かなりストレスになるので食事も安いものを選ぶのではなく、有機栽培や無農薬など厳選された美味しいものを選んで購入するようにしています。

コメントは受け付けていません。