現代社会においては最低限無くては困るものがお金

資格を取りたかったのですが、お金が無くてしぶしぶ諦めた事です。
あれもやりたい、これもやりたい、その為の足掛かりとなる資格を取りたかったのですが、資格試験をそれに至るテキストの購入の際にお金が足りませんでした。
その際は泣く泣く諦めました。

お金とは仲良く付き合って行きたい

今最低限の生活をしているので、散財はしませんが、貯金をしたり、今やりたい事を吟味して優先準備を決めて使いたいと思います。
その時は「使ってしまった」と後悔はしないようにしたいと思います。クレジットカードは散財の元になってしまうので、あまり使わない事です。
どうしても使わないと、という以外はお財布の中にも入れないようにしています。
現金を見て、物の選別ができるように心がけています。

お金に関する失敗談

食費に関して、あまりカツカツな金額に設定しないことです。
外食費も含めてになりますが、その日にいきなり食べたくなるものもあるし、あまりカツカツにすると栄養が偏ったりする等上手くいきませんでした。コンピューターのwindowsのosにおけるupdate終了を受けて、現状のOSから上にあげなければいけない時に、今のコンピューターを新しい物にかえるお金が足りなくて、非常に困りました。
年賀状ソフトなどによってはインストールできないものもあって苦労しました。

現代社会においては最低限無くては困るものがお金

まずはなにより貯金です。
買いたいものもありますが、そこまで急いで購入する必要はないので、少し購入を先延ばしに出来るものは先延ばしにして、いざという時に供えたいです。無駄遣いはできるだけしないようにしています。
税金や支払いなどもあるので、絶対必要なお金については、それぞれに必要名称を記載した封筒に入れて使わないようにしています。

お金に関する失敗談

節約テクでこれは失敗だったということについては、すべて一つのお財布から出していく方法は上手くいかないでした。
いつの間にかお財布の中が寂しくなり、月末には大変苦労するという失敗がありました。沢山ありますが、一番記憶に残っているのは小学生のころです。
自宅の近所に雑貨屋さんがあって、いつもかわいい商品がたくさん並んでいて、でも小学生なので自分のお小遣いでは全然足りない…。
自分の薄い財布を見ながら肩を落としていました。

お金とはほどほどの距離を保ったほうが、生きやすくなる

自分磨きに使いたいです。
エステに行ったり、ネイルサロンに行ったり。
旅行にも行きたいです。
値段を気にせず好きなものを全て買い、サービスを受けることはとても幸福なことだと思います。
あまり頻繁に銀行に行かない、目的もなく買い物に行かないまめに財布の中身をチェック、家計簿をつける
ことです。
家計簿は記入のめんどくささから無駄遣いを控えるようになるのでおすすめです。

お金に関する失敗談

お金を目的別に小分けにして、その範囲でやりくりするということを実践してみましたが、結局足りなくなると他のところから出して使うので意味がありませんでした。
もともとマメではない性格なので、続けるのが苦痛でした。

コメントは受け付けていません。