アイドルはお金の力で仲良くなれる

貧すれば鈍するのか?お金っていったい何なんだろう?

就職後、会社を辞めてしばらく不安定生活に逆戻りしていたとき、社会保険と年金を払えという通知が来てしまい、ろくに貯金もしていなかった私は非常に困ってしまいました。なので、しょうがないから保険を解約してしのぐことにしました。その保険はあまりにも貯金嫌いの体質を改善しようと思って、昔、FPに相談したら勧められちゃった商品だったけど、保険と貯金の一体型だったので、自分としては貯金している意識は全く無かったけど、結果的に貯金をしていたので、そのお金があって助かりました。やっぱり貯めといて良かったと思いました。「貧すれば鈍する」という言葉がありますが、私はこれって本当だと思います。なぜなら、貧乏だとどうしても生活がきつくなって、視野が狭くなってしまうからです。なので、人によってはセコくて嫌なヤツになったり、大体卑屈になります。それにしても単純に今現在お金を持っていないだけなのに、人格まで変わる人もいるんだろう?しかし、じゃあお金を持っていたら態度がでかくなるのかというと、私は案外そうでもなかったです。なぜなら、私の周りには本当のお金持ちも結構いるので、そちらと比較すると私は微々たる金額なので、「だからそれで?」という感覚になるからです。それに、お金持ちにもいろんなタイプがいるんですが、大体みんな普段は質素にしていて、その人が投資したい案件には使う。というメリハリが効いている人が多いと思いました。金持ち自慢をしてるレベルの人はたいしたことないなと思います。

苦労も必要なのだろうけど、必要最低限は親のすねをかじらせて上げたかった君たちへ

我が家は子だくさんの6人の子どもたちがいます。皆それぞれ夢に向かって勉学に励んでいます。離島に住んでおり高校生になると島を離れ高校に進学します。さあ仕送り、自立した生活が始まり何かと出費がたくさんになり、多いときは5人大学生から高校生と
子どもが小さいときから貯めておいた貯金が気持ちいいくらい飛んでいきます。大学生はみんな予定外の私立に進学計り知れない授業料と生活費ためていた貯金では全く足りません。なので大学生はアルバイトで自分の生活費を足りない分賄っております。
生活に当てるので遊ぶお金、自分の小遣いはほとんどありません。もし十分なお金があったら狭いワンルームマンションやバイトで生活費を賄ってもらうという苦労はさせなくていいのになあと思います。みんな自分の目標を持ち夢かなえるために一生懸命やっている子どもたちに苦労掛けることはなかったと思います。それでなくても、自宅通学とは違いすべて自分でこなさないとなりません。しっかりとお金の価値観や、バイトで社会勉強できるかもしれませんが、バイト代は自分の小遣いで好きに遊べるお金ならばもっと気持ち的に楽に学生生活を過ごせるだろうと思うと少し親として心苦しいです。

アイドルはお金の力で仲良くなれる

欅坂46の握手会で推しメンからの認知がほしくて握手券を関東会場だけでなく全会場に遠征に行きたいなと思いました。
ですがその時、全くお金もなく結局関東会場のみしか買えませんでした。
しかも関東会場でも握手券が抽選のためたくさんはずれてしまい多少は握手券があったものの握手し足りないなと思いながら関東会場の全会場で毎回最後の部終わりだったり握手会の次の日に思っていました。
結局、握手券の少なさと地方には行けなかったので推しメンからの認知はもらえませんでした。もし、自分にお金がたくさんあったなら、こんなアイドルのグッズを買うのに「今回はこれだけ」みたいなほしいけどお金がないから我慢するなどすることもせず。ほしいグッズは全部買っていたと思います。
また、お金が十分にあったら握手会も関東会場だけではなく全会場にたくさんの握手券をもってたくさん推しメンと握手をして認知をもらい握手会が終わった後のロス感がなくなり次のイベントまでガンバつことができます。
また、初回限定版のCDを買い私物サイン会にたくさん応募して推しメンとの仲を深めたいと思います

コメントは受け付けていません。