お金を作るのはすごく時間と労力を使う

子供の頃とにかく貧乏で、クリスマスや誕生日などプレゼントがもらえない為友達と話すのが憂鬱でした。
また夏休みなど旅行やお出掛けもないので、思い出話も出来ず悲しい気持ちで友達の話をただ聞いていました。

お金が無い生活を味わってるので、お金が全く無いという状況が怖い

だから少しでもお金は貯めておきたいです。家電や服など欲しい物を深く考えず買いまくりたいです。
大金ならアパート経営をしたいです(笑)。
でも根が貧乏症なので結局吟味してあまり使えなさそうです。
使えたらすごく満足感が得られそう。500円玉貯金と、毎日の家計簿付けをしています。
良く使うポイントカードのポイントの収支もチェックして、得たポイントがどの位なのか目で把握するとテンションが上がります。
チマチマした作業が自分に合っているようで、苦にならず3年位続けています。

お金に関する失敗談

安い食材や日用品をまとめ買いするのがダメでした。
食材はダメにしてしまうのも多いし、日用品もあれば普段より多く使ってしまったりして結局無駄遣いになってしまい、普通に買ってた方が良かったな、と後悔する事が多かったです。18歳で上京して、それまですべて両親に頼っていた生活から一転自分ですべての事をしなくてはいけなくなり早々に、ホームシックになり、実家のある愛知県に帰省したい!と思ったけど、自分の生活がいっぱいいっぱいで夜行バスのお金さえも捻出できず、日々帰宅後にお風呂に入って寂しくて泣いていました。

お金より愛、お金より気持ち。お金はあればある程その二つどちらももっと表現できる。

両親と旅行に行きたいです。
お金がなくて、帰省もできなくて、なおかつ生活も厳しく両親からの仕送りにも頼っていたのでまとまったお金が入ったらとにかく両親を沖縄旅行に連れて行って、一回も両親に財布を出させない旅行がしたい!とにかく、分ける。
1年毎に必要となってくる税金や年金等を毎月計画的に貯めて、まとめて払った方がお得になるものはきちんとまとめて支払えるようにして少しでもお得になるようにする。
基本的な節約は外食はしません。

お金に関する失敗談

節約料理等で、お金が節約できるからって、苦手な食材を使わなくちゃいけないけどその苦手を我慢して作って頑張って食べよう!と思い挑戦しましたが苦手なものはいくら節約がかかっていたとしても苦手で結局食べきれず廃棄することになってしまったこと。学生時代の時の話、周りの同級生は大学進学、就職活動の準備をしている中私も第一志望であった音楽大学へ受験しました。
内定をもらったにも関わらず、入学金、授業料を納める段階になり急に家庭状況が変わり音楽大学入学を断念せざるをえなかったです。

お金を使うのは一瞬で、使った後に後悔してもそれは働かなければ戻ってこない

ことを再度実感しました。まとまったお金が手に入るとしたら、もう一度大学受験をして、自分の勉強したい法律を学ぶために大学へ進学したいです。
20代までは特に大卒など気にせず気楽に生活できましたが、海外生活をしていると日本以上に大卒の大切さを感じます。家賃はそこまでケチケチせずに、ある程度自分の希望の地域、希望の設備がある家を選んでいます。
私の中で一番削れるものは食費や光熱費ですので、なるだけ1週間に一回の食材の買い出しを心がけ、調理する場合もなるだけ多くの分量を作って数日に分けて食べれるようにしています。

お金に関する失敗談

以前試したことのある節約方法で失敗だったのは、娯楽費を節約するというものでした。
娯楽費を節約して友人との食事や飲み会をよく断っていて、家で一人で過ごす時間をなるだけ多く作っていましたが、結局ストレスを感じ、断念しました。

コメントは受け付けていません。