執着しすぎるとお金は本来の存在意義を通り越してしまう

基本的にネット通販で買い物をするときに使います。
その場で支払いができる点が便利です。
現金だとやはり代引きで業者が来るのを待たなければいけなかったり、振り込み等の手間がかかったりするので。

お金はあくまで手段であって、目的にしてはいけない

飲み会の帰り、銀行のシステムメンテナンスの影響でATMが使えず、お金が下せなかったことがありました。恥ずかしいことに帰りの電車賃が足りず、同僚に1000円借りました。同じ職場の仲間だったので、翌日すぐ返すことができました。特にそう思いません。
妹などは特に、スーパーのチラシを見比べてから買い物にいったりしますが、私は特にそういうことはしません。チェックするにしても最寄りスーパーのチラシくらいです。

お金に関する失敗談

学生時代に初めてお付き合いした相手がお金にルーズでした。彼は一人暮らしだったために常に金欠気味で、お金を貸したり、私が多く払う事がたびたびありました。別れた後もちろん返ってこなかったため、大変後悔しています。私はクレジットカードを使ってよくお買い物をします。クレジットカードがあると手軽で便利で小銭などを出す手間が省けます。そのかわり後で請求が来たときに後悔することがよくあります。

お金は大事なもの、どんどん増やしていかないと生活が圧迫

親からお金を借りたことがあります。利息を付けて返せと怒られました。借りた金額は10万円です。2万円の利息を付けて返しました。高い利息だなと思いましたがその時どうしてもお金が必要だったので仕方がありません。私はお金への執着が人より強いと思います。お金がないと不安ですしもしお金が底をついてしまったらどうしようかと常日頃から考えています。人にお金を借りると利息がつくので返済するのに大変だからです。

お金に関する失敗談

スーパーに買い物に行った時に1000円と小銭が少ししかなかったのですが夜にご馳走を作ろうと思ってカゴに入れましたがレジのところで返す羽目になって後のレジに並んでいる人にすごい目で見られました。クレジットカードは手持ちが少ない時や、お金を下ろすのが面倒な時によく使います。
購入する商品のジャンルなどは問わないのですが、洋服やコンビニエンスストアなども使用します。

お金というのはただのツールにすぎないもの

基本的に人からお金は借りたくないのですが、深夜に遊んでいた時にATMでお金がおろせなかった時に500円ほど借りたことがあります。
その時は次に会った時に返したので2週間経ってないくらいです。そう思いません。
お金で揉めたりすることが一番嫌いなので、極力お金の貸し借りはしないし、よほど気の知れた友人にしか小額でも頼みません。
基本的に飲み会などでも出し惜しみはしません。

お金に関する失敗談

以前からすごく欲しかった時計がたまたま通りかかったショップでセールがやっていてかなり安くなっていたのですが、手持ちが足りなくてなくなく諦めたことがあります。
当時はカードを持っていなかったのでカードで買うのも不可でした。

コメントは受け付けていません。