お金は流行のために使ってはいけないなあ、と思う

学生の頃、学校帰りに友人とちょっとコンビニによってパンを購入しようと並んでいたら、50円足りなくて、友人から「貸して」といわれて貸しました。
私も小銭がたくさんあったので、すぐ貸すことができました。

お金は流行のために使ってはいけないなあ、と思う

次の日に返してもらえました。
「ありがとう」と言ってもらえたので、特に貸すことへの違和感はありませんでした。
もし、返してもらえなかったら、同じ状況を作って、「コンビニに行って、お金足りない」と言うと思います。消費税が5%から8%に上がる時、どうしても欲しいバーバーリーのトレンチコートを買えばよかった。
今年も8%から10%に上がりますが、もう購入する気も起りません。やっぱりほしいです。

お金に関する失敗談

今思えば過去に車を5台買っていますが、もっとよく検討して購入すればよかったと後悔しています。以前は燃費など気にしないし、形のみで購入していましたが、今は貯金もそこを突き、燃費や、車体価格のみで購入是ざる得なくなりました。父親に700万貸しました。北海道に家を購入するための資金です。家の購入に関しては詳しく聞きませんでしたが、恐らくローンなど組まずにキャッシュで購入したのだと思います。親だし何の問題もなく貸しました。

お金はあって困ることはない、人生を豊かにしてくれる

返してもらったというか、貸したお金は株になって貸した額より多くなっています。自分自身貸したお金をまだ使う予定がないので、そのまま証券会社に預けています。声掛けは特にしていません。バブル時代の金利が良かった時に、金融機関の定期預金などにもっとお金を預けていれば良かったと思いました。でもその頃は若かったので預ける資金もそんなにありませんでした。

お金に関する失敗談

以前、無料で着付けが習える着物教室に通っていましたが、講座の終わりに着物の購入を勧められ、その場の雰囲気で数十万する着物を買ってしまったことです。今となっては着物の着方も忘れてしまいました。会社の後輩が、自動販売機の前で、お金を忘れたと言われ、貸そうか貸さないか迷っている時に、貸して下さいと言われ、貸したけど、やはり返しては貰えず、先輩として、自分からも言えずじまいだったこと。

お金とは場合によっては人にとって有害なものになり得る

が、なくてはならないもの。

先ほども紹介した会社の後輩が、自動販売機の前で、お金を忘れたと叫び、金を貸したが、結局、その後も返す気配はなく、自分からも言えず、時が流れた。その後もまた、自動販売機の前で叫んでいて、お金を貸して欲しいと言われました。しかし、お前は返さないから貸さないと言いました。ガマンしたけど、使えば良かったと思うのは、大学の卒業旅行費用です。就職が決まった会社で、春休み研修があり、卒論もギリギリまでかかったので、結局、諦めました。しかし、今にして思えば、行くべきでした。あの日は帰らない。

お金に関する失敗談

お金の使い過ぎた後悔は沢山ありますが、一番の後悔は、独身時代に毎晩遅くまで飲み歩いて、一晩で10万円は使っていたことです。結婚してから、子供や家族にすごくお金がかかるので、もっと貯金しておくべきだったと反省しています。

コメントは受け付けていません。